クレジットカードの知識

クレジットカードが作れないのはどうして?

クレジットカードを作る際には、必ずクレジットカード審査があります。審査に落ちてしまうと当然ながら、クレジットカードを作ることはできません。

 

クレジットカード審査落ちでカードが作れないといったときには、必ず何らかの理由があるものです。一番多い理由が、年収や職業などを判断した結果、審査基準に満たないということです。

 

 

たとえば、年収が同じであっても、職業形態が会社員や公務員といった、いわゆる「安定している」とみなされている職業かどうかで評価が大きく異なることがあります。

 

また、自営業の方は会社員の方に比べて、立場・収入が不安定とみなされてしまうため、どうしてもクレジットカードを作るときには、少しハンデを背負うことになってしまいます。

 

さらに、過去にクレジットカードの利用などでトラブルがあった場合も審査に通る可能性がかなり低くなります。

 

よくあるのが、過去に利用していたクレジットカードの支払期限に間に合わないことが多く、支払い遅延の常習犯であったような場合は、次の審査に落とされることになります。

 

また、クレジットカードをはじめて持つ場合でも、カードローンなどの利用が多く、お金の使い方があまりよくないと見られればカード審査に落ちることもありますので注意しましょう。